債務整理 借金 返済

軽い気持ちで借りたお金…いつまでも減らない恐怖

軽い気持ちで借りてしまったお金。借りたときは余裕で返せると思っていたのに、気が付けば何年も返済し続けている…そんな終わりのない借金地獄に陥っている人は少なくありません。お金を借りるという事は、そこに利息が発生することになります。利息は金融機関によってバラバラですが、たちの悪いところから借りてしまうと大変。利息だけを払うのが精一杯となってしまうのです。これでは、借金を完済することなんてできません。

利息を支払うので精一杯どころか、それさえも苦しくなってきている人もいるのですから、そうなってしまうと他から借りては返すを繰り返す事となります。これを自転車操業といいますが、ここまで追い込まれてしまう人も少なからずいるのです。下記のサイトでは、それについて詳しく説明されています。

「自転車操業脱出法/借金返済はこうすれば良い!」
http://appigo.co/

上記のサイトでも書かれているように、借りた当初は小さかった借金が、利息などでどんどん膨れ上がっています。借りては返すを繰り返す事態にまでなってしまうと最悪です。いずれは返済が追いつかなくなり、最初は請求書で、それが次第に取立てへと変わって債務者を追い詰めるようになるのです。その恐怖は、実際に味わった人にしかわからないものといえるでしょう。

そんな返済できないほどに膨れてしまった借金の負担を少しでも軽くする事ができるのが、債務整理なのです。

債務整理ができる人、できない人

お金を借りる人を債務者。お金を貸す人を債権者といいます。お金を借りる…つまり融資を受けれるのはなにも一つだけでなく、信用度が高いほど融資の額も増えますし、融資先も多く取れるでしょう。とはいえ、闇金融業者と呼ばれる悪質な金融では、信用度に関係なく貸してくれる…なんてタチの悪いところもありますので、こういったところは用心しなくてはいけません。

このように、融資は一つだけでなく複数から受けることもできるのですが、これを受けている人を多重債権者といいます。それぞれに対してのお金の返済はもちろん、管理もきちんとしなくてはいけないのですから、そこにかかる労力は大変なものとなります。こういったいくつもの借金を少しでも軽くするのが、債務整理です。債務整理は、一つだけの借金を抱えている人には使えませんが、こうしたいくつもの借金を抱えている人に対して使える方法。つまりは、多重債権者限定ともいえる解決方法なのです。

この債務整理をおこなうと、膨れ上がっていた借金も減らすことができます。つまりは返済も楽になるということ。中には借金がチャラになる人もいるそうですが、それは闇金融業者などに違法な借入があった場合かもしれません。基本的に、違法な利息を取る闇金融業者から借りたお金は、返済しなくてもいい…といわれているのです。これは、実際に裁判でもそういった判決がでているのです。

債務整理は4つに分類される

いくつもの借金を抱えている多重債権者の人だけが使える債務整理。この債務整理は、任意整理・特定調停・自己破産・個人(民事)再生の4つの種類に分類することができます。多重債務者の状況にあわせて、この4つの中のいずれかを適用させることなるのです。一概に債務整理といっても、こうしたより細かい設定がされているのです。

特によく耳にするのが、任意整理ではないでしょうか?任意整理とは、借りたお金…つまりは元金だけを返済し、多く払いすぎてしまった分を返してもらうことをいいます。

なかには適正と思われていたのに、実は返済しすぎだった…なんてこともあります。それは素人にはなかなかわからないですから、そのまま気が付かずに苦しい中でも返し続けてしまいます。こうした払い過ぎの利息…つまりは過払い金が指摘して、しっかりと訂正するのです。特に、闇金融業者などによる金利はひどいものとなっていますから要注意です。このように、任意整理とは、過払い金を取り戻すための和解契約でもあるのです。

過払い金で借金が減る!?

借金返済において払いすぎてしまった分を、過払い金といいます。この「過払い金」という言葉は、テレビコマーシャルなんかでもよく聞かれる言葉ですから、意味は良く知らなくても誰もが知っている言葉なのではないでしょうか。それでは、どうしてこういった過払い金が発生するのでしょうか?

お金を融資する金融機関は、お金を貸す代わりに利息を要求します。それが利益となっているわけですが、なかには一般的な利息よりも高い金額を要求してくるところもあります。特に闇金融業者などは返済不可能ともいえる違法な利息を要求してくることでも有名ですね。

このギリギリの利息…つまりはグレーゾーンにおいての利息は、利息制限法に違反しているとして、払い戻してもらう事を要求することができるのです。任意整理ですでに返済が済んだお金に対しても、過払いが認められれば、その額を借金の残額と相殺して減らしてくれます。

債務整理というと誰もが及び腰になってしまいがちですが、このようにやるのとやらないのでは大違いとなります。借金返済が楽になりますので、専門家に早めに相談するのがいいのです。

 

サイトマップ